#028.楽譜を読むための基本 3「速度に関する記号」

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。

ただいま数回に分けて「楽譜を読むための基本」を解説しています。前回は「テンポと拍子の関係」についてでした。シリーズになっているのでぜひ過去の記事もご覧ください。


そして今回は「テンポ記号」の話題を中心に書いていきます。前回の記事でテンポというものが何なのかはご理解いただけたと思いますが、次は実践的に、実際ご自身が演奏する作品(場面)のテンポがどのくらいなのかを知ることが必要になります。



テンポに関する記号が楽譜の上にある

楽譜というのはいくつもの「お約束」があり、テンポ(速度)に関係する記号は原則として五線の上に書かれています。ご存知なかった方も、もしかしたら無意識にそう感じて楽譜を見ていたかもしれませんね。ちなみに五線の下に書かれているのは「曲想記号」といって表現に関する内容である場合がほとんどです。

しかし楽譜浄書の原則を無視してなのか知らないだけなのか、五線の下にテンポに関する記号が記されていることもあり、そうなるととても見づらく、実際の演奏にも影響が出てしまいます。

ということで、五線の上に書いてあるものについては「何かテンポについて言っているのだろう」と推測することが大切です(もちろんテンポ以外の情報も五線上には書かれます)。



メトロノーム記号

左上に書かれた音符=数字。ポップスや最近の楽譜に多く書かれているこの表記方法、これは「メトロノーム記号」と呼ばれます。これは、


「対象の音価を1分間に何回カウントするか」


と解釈します。例えばこの場合は対象の音符は4分音符ですから、1分間に4分音符を60回カウントするので、すなわち「1秒=1拍」になります。ですから、

この場合は1秒に2カウントです。

60とか120ようなキリの良い数字であれば時計の秒針でも見ればすぐわかりますが、例えば、

これだといかがでしょうか。すぐわからない方も多いと思います。そこでメトロノームの登場です。メトロノームを92に設定して鳴らしてみれば、あら簡単。これが楽譜の示すテンポ、というわけです。

ちなみに前回の記事で解説した拍子記号ですが、ほとんどの場合拍子記号の分母である「基準となる音価」と、メトロノーム記号に記されている対象の音価は同じです(ただし複合拍子は捉え方が2通りあるので例外です。前回記事参照)。



[M.M]

古い楽譜に見られるこの「M.M」という記号はメトロノームの特許をとったメルツェルさんのメトロノームということで「メトロノーム・メルツェル(Metronom Melzel)」の意味で、それ以上の意味は特にありません。



[ca.]

メトロノーム記号の数字にこれがついていることもよくあります(数字の前に書かれることもあります)。

これは「チルカ(circa)」という言葉の略で、「約」とか「およそ」の意味です。メトロノーム記号は絶対的な数値で示してしまうため、そこまで厳密じゃなくてもいいと思った作曲家や編曲家が使います。『 =120~132』のような範囲で表記する方法や『≒』になっている場合もあります。



[BPM]

これは「Beats Per Minute」の頭文字を取った略称で、1分間に何回クリックがあるか、という意味なのでメトロノーム記号と結局同じ解釈です。ただ、メトロノーム記号のように基準となる音価がBPMではわからないので、楽譜に表記するのではなく口語として感覚的に用いたり機器のセッティングで用いられる傾向にあります。いわゆるクラシック系の音楽では様々な拍子で楽譜を表記することが多いためにあまり使われることがありません。

一方で、編曲などをする際「このテンポ、どれくらだろうか」と調べたいときにBPMカウンターというアプリを使うことがあります。これで脈拍も測れます。


[メトロノームはテンポを知るための道具]

メトロノームを延々と鳴らして曲練習をしている姿をよく見かけますが、人間が演奏する音楽は常に人間らしくありたいわけで、メトロノームを鳴らし続けてしまうと呼吸の存在(呼吸の猶予)や感情の揺らぎ(テンポの緩急)を認められない「絶対にブレないテンポの進行』を求める傾向になってしまうので、この練習は避けたいところです。

人間が表現する音楽には、そうした絶対的なテンポでの演奏は原則として存在しませんので、メトロノームは「その作品(場面)のテンポがどの程度か」を演奏前に確認するために使うにとどめましょう。数回カチカチ鳴らしたらすぐ止めて、そのテンポを自分の心の中に刻み込み、そして演奏(練習)を開始することが大切です。



文字による速度記号

このように文字でテンポを示すことも大変多いです。

しかし文字の場合絶対的なテンポがわからないぶん、作曲者がその作品に対してどのようなイメージを持っていたのか、そして演奏者自身がどのようなイメージを持つかが大切です。そして文字による速度記号の最も重要なことは、


「その言葉に込められた意味」


です。ちなみにメトロノームを見ると、文字による速度記号がどの程度の数値を指しているのか記載されていることも少なくありませんが、あくまでもこれは参考であり、絶対その範囲でなければならない、ということではありません。

では、いくつか例を挙げてみましょう。


【Allegro】

アレグロ。比較的速いテンポに用いられます。込められた意味は「快活に」など。カイカツなんて言葉日常ではあまり使いませんね。簡単に言えば「元気」というニュアンスで良いかと思います。


【Andante】

アンダンテ。「平凡な」「(人柄が)飾らない」などの意味を持っているようですが、音楽では「歩くような速さ」と解釈することが多いです。しかし、急いで歩く、慌てて歩くのではなく、散歩とかブラブラするような心にゆとりがある、落ち着きのあるニュアンスの「歩く」になります。

僕がこれまでに出会ってきたAndanteの作品は、とても優しくて暖かみのある音楽で、なおかつ前向きな推進力を感じられる場面に書かれていることが多い印象があります。


【LentoとLargo】

Lento(レント)は「ノロノロした」「緩い」といった意味合いが込められていて、Largo(ラルゴ)は「(心が)のびのびとした」「幅広い」という意味があります。

どちらも遅いテンポに用いられますが、この違い、イメージできますか?こうなってくると、もはやメトロノームの数値、もっと言えば「テンポ」という話だけでは片付けられない表現の世界だと思うのです。


【Moderato】

モデラート。楽典などでは「中くらいの速さで」と書いてあることも多いですが、チュウクライってなんだよ!って思いませんか?確かに、Moderatoが文字速度記号の中心軸になり、速い遅いを分類しているとも言えるのですが、この言葉に込められた意味がやはり大切になります。それは「適度」「節制」です。要するに「やりすぎない」「過剰なことをしない」。勇気を出してもっと意訳的に解釈をするなら僕はこう考えます。


「その曲に最も最適だと考えられる作曲者が持っているイメージを尊重する」


素材の味、とでも言いましょうか。自分のイメージを優先してあれこれ作品を作り変えるのではなく、自然なままのテンポで演奏しましょう。という感じです。



いかがでしょうか。文字による速度記号は奥が深くて面白いですよね。他にも楽譜の冒頭に書かれている文字速度記号はいくつもあります。


それに、「Allegro moderato」「Allegro vivace」など、それぞれが単体でも速度記号になるもの同士が合体することもあります。

この場合は最初に書かれているものがテンポの意味を司っていて、後ろの文字はそれに意味を追加していると考えてください。ですから、こうなってくると具体的な速度ではなく、言葉に込められた意味を理解していないとどうしようもないので、知らないものは必ず調べ、理解をした上でイメージを固めることが大切です。



速度に影響をもたらす楽語

速度記号として書かれているわけではないけれど、結果的にテンポに影響を与える(場合のある)楽語というものもあります。少しだけ紹介します。


【sostenuto】

ソステヌート。意味としてはテヌートの広範囲版です。ここから先は全部テヌートになる、という感じで良いかと思いますが、場合によっては若干テンポが落ちる可能性があります(テンポを落とすと良い表現になる可能性があります)。


【maestoso】

マエストーゾ。荘厳(そうごん)に、重々しくて気高さのある壮大なシーンに使われることの多い楽語です。堂々たる演奏を求められるので、テンポが落ちる可能性があります。

こういった発想記号は五線の下にイタリック体(斜体)で表記されることもありますが、テンポに影響を与えてほしい場合、やはり五線の上に太字とか大きな字で(斜体ではなく)書かれていることも多いです。そういった場合はまほとんどの場合テンポ変化を求めているので、演奏前にイメージを(暫定的にでも)固めておきたいものです。



相対的な速度の変化を理解しよう

「今までより◯◯」という変化を示す楽語もたくさんあります。それを理解するために大切な2つの言葉をまず紹介します。


【piùとmeno】

più(ピウ)は「もっと」という意味なので、その言葉を強める力を持っています。

meno(メノ)「より少なく」という意味なので、その言葉を弱める力を持っています。


このpiù、menoは音大の楽典という試験の中でよくひっかけ問題として出題されるので、僕は当時「ピウをプラス(+)」「メノをマイナス(-)」というイメージで覚えました(実際の意味とは違います)。


また、「mosso(モッソ)」という楽語があります。これは「躍動して」「動きのある」と解釈されることが多く、この言葉単体が書いてあった場合はテンポが速くなります。ですから、

「più mosso」と書かれてある場合はやはりテンポが速くなるのですが、一方で「meno mosso」と書いてあった場合は、「動きが少なくなる」という意味になり、結果としてテンポが遅くなるのです。


[più + 速度に関連する言葉]

テンポが遅くなる楽語にpiùが付くと、それをより強めることになるので、例えば

「più largo」とか「più adagio」などの場合、それまでより遅いテンポになります。しかし、「più allegro」の場合はallegro自体が速いテンポの意味を含んでいるので、それを強めるために、より速いテンポになります。


[meno + 速度に関連する言葉]

ということはmenoが付けば、言葉の意味が弱まるわけですから、例えば、

「meno allegro」の場合は、それまでよりもテンポが遅くなります。

「meno lento」などテンポの遅い意味を持つ言葉に付けば、それまでよりテンポが速くなるわけです。


わかりましたか?ちょっとややこしいですね。



[徐々に変化していく速度指示]


「rit.」そして「accel.」


出現率が非常に高いので、ご存知の方も多いと思います。


ところでこれらの単語、正しく読めますか?「リット」「アッチェレ」と呼ぶ人も多いですし、口で言って伝わるなら別に問題ないのですが、文字の最後に「 . 」がついていたらそれは略記ですので、本当はもっと長いのです。正確には、

「ritardando(リタルダンド)」「accelerando(アッチェレランド)」と読みます。リタルダン『ト』ではありませんよ!


それぞれの意味は、rit.は「だんだん遅く」、accel.が「だんだん速く」です。これらについてはまた今後詳しく書きたいと思いますが、「rit.って書いてあるから遅くしたけど何か?」のような演奏は音楽的ではないので、「なぜrit.が書かれているのか」「作曲者のイメージは?」「rit.した結果、音楽がどのような印象になるのか」などをイメージして演奏することが大切です。


[ritenutoにご注意!]

ritenuto(リテヌート)はご存知でしょうか。略記ですと「riten.」と書かれるので、「rit.」と見た目にも混同しがちですが、riten.の意味は


「ただちに遅く」


なので、rit.と演奏解釈が全然違うのです。それを知らないで合奏をしてしまうとひとりだけズンズン突っ走って恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。それに、もしそんな演奏をしたら、「私は楽語を調べずに演奏しています!=譜読みしてません」と主張しているようなものです。楽譜を読むというのは、そこにあるすべての情報を理解して、自分は(ひとまず)どのように演奏するのかを決定し、それを可能な限り表現することです。


音符の羅列ばかりを目に留めて演奏する人はテンポについてメトロノームや指揮者、他の奏者に任せてしまう場合も多い傾向にあり、とてもよくありません。ぜひ楽譜に書かれている文字は必ず理解して演奏するように心がけてください。



テンポは自分で生み出すもの

「指揮者とはどんな役割の人ですか?」と質問して「テンポを決める人」と答えた人ほど、合奏で指揮棒に注目しすぎて逆にテンポが不安定になっている場合が多いです。

先ほども言いましたが、テンポは誰かに指示されて決定するのではなく、その前に自分のベストを決めておくことが大切です。この作品(場面)ではこのテンポがふさわしいと思う、とか、Andanteと書いてあるから、このテンポが美しい!など、まずは自分が納得できるテンポイメージを掴むことです。


そしてそれが指揮者の持つテンポと違っても構いません。指揮者さんもやはり自分のベストだと思うテンポを表現しているわけで、合奏ではそれを尊重します。


間違っても「いや、私のテンポのほうがいいんだ!」と指揮者を無視して演奏し、アンサンブルを乱すような行動に出てはいけません。指揮者の生み出したテンポを受け入れるのです。

そうすることで同じ曲でもいくつもの表現方法があることを体感できるし、より豊かなイマジネーションを持つことができるわけです。


音符の羅列ばかりに目を奪われず、楽譜に書かれている様々な情報から、自分の心や頭の中に(暫定的な)素晴らしい音楽を奏でてください。


その自分の頭や心にある素晴らしい音楽を多くの人たちに共感してもらうために、我々は「演奏」という行為で伝え、聴いてもらうのです。



ということで今回はここまでです。


最後に、テンポに関する文字記号一覧を掲載します。

これはかなり昔、どこかの部活指導をしていた学校へ配布するために作ったものですが、あまりに古いデータなのでもう開くことができず、コピーしてあった紙をデータ化したので画像が大変荒いです、すいません。

また、もしかすると読み方や文字にミスがあるかもしれません。無責任で申し訳ありませんが、疑問に思ったところは各自で修正してください。

ちなみにこの一覧や掲載した文字に関しては「新版 楽典 ― 音楽家を志す人のための/菊池有恒著」を参考にしましたが、文字による速度記号の速さ順は若干解釈が異なるものがいくつかあります。




それではまた次回です!




荻原明(おぎわらあきら)


ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。