#029.楽譜を読むための基本 4「拍とリズムの関係 その1」

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。

ただいま数回に分けて「楽譜を読むための基本」を解説しています。シリーズになっているのでぜひ過去の記事もご覧ください。


過去の記事「#027.楽譜を読むための基本 2「テンポと拍子の関係」」で詳しく解説しましたが、4/4拍子であれば「1小節の中に4分音符が4つ」、といったように拍子記号に記された範囲の拍数が小節内に含まれています。

しかし、当然1つの小節の中に4分音符しか書き込めないはずもなく、4分音符1拍に使える時間内であれば、それを細かなリズムにすることができるわけです。

今回はそうした様々な音符や休符について解説していきます。



音符と休符

「4分音符1つ=1拍」を2つに分けることができます。

この旗がついている音符を「8分音符」と呼びます。8分音符2つで1拍=4分音符です。

もっと細かくしてみましょう。1拍を4つに分けるとこうなります。

旗が2つ付いているこの音符は「16分音符」と呼びます。16分音符4つで1拍=4分音符です。

もっと細かくできます。

これは「32分音符」と呼びます。32分音符8つで1拍=4分音符です。もっと細かくすることもできます。「64分音符」「128分音符」と、理論上は無限に細かくできますが、実質演奏ができなくなりますし楽譜も読みにくくなりますから、そこまで細かな楽譜を書く意味がないために見かけることも少ないと思います。


気づかれた方も多いと思いますが、結局これらは「(4/4拍子だった場合の)全音符を何等分しているか」という考え方に基づいているので、これまでの音符はすべて偶数でした。でも音楽のリズムは当然、3つに分けることもできます。それがこちら。

これは「三連符」と呼びます。理論上では1拍を何個にでも分けられますから、例えば「5連符」とか「11連符」も当然可能です。ただし、このような音符の数が奇数の場合は、読み間違えないように数字を掲載するのが原則です。

1拍以上長い音を書くことも当然可能です。例えば4分音符2つぶん、「2拍」を1つの記号で表記するとこうなります。

玉が白くなったこの音符を「2分音符」と呼びます。そして4拍全部(4分音符4つぶん)=1小節全部を1つの音で埋めると、

棒がなくなったこれを「全音符」と呼びます。

さて、ここまでくると音符の名前に付いている「分」という文字が「分ける」という意味であることがわかった方も多いのではないでしょうか。全音符を4つに分けるから「4分音符」と呼ばれているわけです。



[休符]

先ほど紹介した音符が音を出す指示だったのに対し、音を出さない指示の記号を「休符」と呼びます。

それぞれの音符と同じ長さを持つ休符はこのようになります。

[連桁(れんこう)]

8分音符より細かい音符に付いている旗が連続すると楽譜としては読みにくくなってしまいます。そこで、同じ旗を持つ音符同士はグループ化することができます。例えば、8分音符や16分音符が並べばその旗同士がくっつき合ってこのようになります。

では、これはいかがでしょうか。

16分音符2つは当然くっつきますが、その16分音符の上の旗(連桁の上の1本)は8分音符としての旗なので、隣の8分音符とくっつけることができます。したがって、


このように記すことができます。

あとは、

連桁が飛び出てどこにも繋がっていない、このような書き方もできます。

ただし連桁は、同じ旗を持っているものすべてを積極的につなげるのではなく(かえって読みにくくなります)、最も基本的な考えとしては拍でまとめます。ただし、4/4拍子などではこのように記すこともよくあります。

単純拍子の場合、1小節をきっちり半分に分けることができるので、小節内の半分全部に連桁をつなげることもよくあります。

混合拍子の場合は連桁の繋がり方でフレーズの取り方を判断することもとても多いです。


このように、よく見かけるものはありますが、連桁のつなげ方に絶対的なルールはありません。書く人のクセ、メロディの持っているフレーズで連桁をつなげることもあり、場合によっては小節線をまたいで連桁が繋がることもあります。

また、場合によっては連桁の中はすべて音符とも限りらず、休符を書き込むこともあります。

連桁がどのようにつながっているか、ぜひたくさんの楽譜を観察してみましょう。

ちなみに声楽の楽譜の中には連桁を一切使わないものも存在します。(正直、とても読みにくい…)


[付点]

それぞれの音符に小さな点がつくと「音符の長さ+その半分の長さ」になり、「付点◯音符」と呼ばれるようになります。

例えば、付点2分音符の場合は、2分音符が「2拍」で、点がその半分の「1拍」なので合計「3拍」になるわけです。

付点8分音符の場合は「半拍=8分音符(=16分音符2つぶん)」と、点がその半分の16分音符1つぶんなので、それとは別に16分音符がひとつ合体すると1拍(16分音符4つぶん)になりますね。旗同士がグループ化して連桁にできるので、ということになります。

これ、よく見かけますよね。



[タイ]

タイを用いると、となり合う同じ高さの音であればつなげることができます。これによって、拍や小節線をまたいで音符同士をつなげられるので、連桁によって拍ごとのグループを明確にした状態のまま、複雑なリズムを表現したり、より長い音を伸ばす指示を出すことができるわけです。

ポップスなどはリズムが複雑なことが多いので、必然的にタイを用いることが増えます。楽譜は基本原則として「拍でまとめる」ことになっていますので、上記譜例の上段のように書いてしまうと大変に読みにくい楽譜になってしまい、演奏者が困惑します。

演奏する際、もしもタイによるリズムが難しくてわかりにくい場合は、一度タイを取って拍ごとのリズムを理解し、それから再びタイをつけ直して演奏してみると構造が見えてきて演奏しやすくなります。

さていかがでしょうか。今回は拍とリズムの関係について解説しました。「もうこんなのいちいち読まなくてもわかるし!」と思っているあなたも、例えば部活の後輩で楽譜を読むのが苦手な方へ教えることになった場合の教え方の参考になるかと思います。

次回もリズムに関してを中心に解説してまいります。

引き続きご覧ください!


それではまた次回です!




荻原明(おぎわらあきら)

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。