#030.楽譜を読むための基本 5「拍とリズムの関係 その2」

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。

ただいま数回に分けて「楽譜を読むための基本」を解説しています。シリーズになっているのでぜひ過去の記事もご覧ください。

これまでにお話したように、僕はトランペットを始めた中学1年生、そして2年生にさしかかったあたりまで楽譜が読めませんでした。特にリズムを楽譜から理解することができなかったので、これから演奏する音源を手に入れ、何度も何度も楽譜を見ながら聴くことで、演奏できるところまでたどり着いていました。


この方法を推奨するわけではありませんが、多くの場合「この楽譜を演奏するとこの曲になる」の発想に対して、「音楽を楽譜に書き起こすとこうなる」という視点になることで楽譜を機械的ではなく、音楽的に見ることができるのがメリットです。


実際の演奏というのは、アゴーギクと言うか、人間味のある演奏をしているので決して楽譜に書いてある情報だけで演奏しているわけではないのだ、ということを中学生の段階で知ることができたことで、楽譜をきちんと読むというよりも「この楽譜を魅力的に演奏するにはどうしたらいい」という発想で見ていたことが、後々良かったと思えることのひとつです。


また、どんなに複雑なリズムであっても、ひとつのメロディとして覚えてしまうことで苦手意識を持つことがほとんどありませんでした。結局はすべて音楽になるのだ、という発想はやはり大切です。


ですので、僕が提案したいのは、もちろんこれまで解説してきた楽譜を読むための理論はきちんと学びつつ(中学生の僕にはこれが不足していました)、しかし楽譜を機械的に読むのではなく、あくまでも音楽が楽譜に記されたら、という前提で見ること。そのためには演奏をたくさん聴くこと。できれば音源と楽譜をセットでたくさん聴くことが良いですね。


本を読むためには単語が必要ですが、辞書を片っ端から覚えるのは決して良い方法とは言えませんね。それよりも本をたくさん読むことで、出会うたくさんの単語を実用的に覚えていくべきです。楽譜もこれと同様で、たくさんの楽曲と楽譜に出会うことで様々なパターンで書かれたリズムを理解することができるようになるのです。



スウィングを知らなかった音楽の先生の話

中学1年生の時のことです。吹奏楽部で、グレン・ミラーの「ムーンライト・セレナーデ」を演奏することになりました。

当時は音楽の先生が顧問兼指導者(指揮者)で、たしか音大のピアノ科を出ている先生だったはずです。


楽器を始めたばかりの中1だった僕でさえ、この先生は管楽器や吹奏楽の知識がほとんどないことがわかりましたが、その極め付けがムーンライト・セレナーデでした。


ビッグバンドのクラシックとも言えるこの作品、これまでお話していたように僕は楽譜が読めませんでしたから、定番の下校途中にレンタルCD屋さんに行くという校則違反をして、この作品を手に入れていました。そこで気づく。



楽譜とリズムが違う。



最初は意味がわかりませんでした。でもいろいろと調べていくうちに、楽譜にSwingと書かれている場合、8分音符が並んでいるとリズムが「CDの音源のように」なるのだ、とわかりました。今だったらインターネットがあるからすぐにわかることでも、当時は理解するまでに時間がかかりました。

リズムがわかったし、音の高さは運指表を見ながら覚えられるので、一応楽譜に書いてあることを再現することはできるようになりました。そして合奏。



Swingじゃない。

なんか、すっごいキモチワルイ。



全員がイーブンのリズムで、要するに普通の楽譜を同じように演奏しているのです。

それほど一生懸命活動してる部活ではありませんので、そこは仕方がなかったのかもしれません。しかし、


音楽の先生もSwingを知らない

何も指摘しない。


これが衝撃でした。


でも当時の部活動というのは今よりも圧倒的に先輩後輩の境界線が強くて、中1の僕が何かを訴えることなどできるはずもありませんでしたから、結局このまま本番も演奏していた記憶があります(うろ覚え)。


もしかすると僕と同じように思っていた人が何人かいたのかもしれません。が、やはり楽譜の冒頭に書かれたSwingという文字が何なのかを誰も調べなかったことや、楽譜に書いてあるリズムと実際の演奏が違うことに誰も気づいていない=多分誰も音源を聴いていないことがわかりました。楽譜を単に音譜の羅列と機械的に見てしまった悪い例と言えます。


ちなみに、この作品をご存知であれば、トランペットは作品の半分以上がカップミュートで演奏します。当然楽譜にもMute指示がありましたが、僕が入部するまでこの吹奏楽部はミュートの存在を誰も知らなかったようです。ミュートはひとつもなかったし、楽譜に書いてあっても誰も何も言わなかったので。


だから僕は自腹で(いや、親からお金をもらって)ミュートを買いました。「これがミュートだ!」と。



「知ろう」とすることって、大切ですね。




休符は音楽

そして最後に、楽譜を読む上でもうひとつ大切なことがあります。それは「休符」。

特に、音符の間に存在している休符についてです。休符はどうしても「休む」を連想しがちですが、音楽においての休符は「音を出さなくていい」ではなくて「演奏する」と考えてください。


音楽は音が鳴っている状態が延々と続いているわけではありませんね。メロディの中でも、フレーズとフレーズの間でもちょっとした音の鳴らない瞬間があり、その「間(ま)」とも言える休符が魅力になることが非常に多いのです。


楽譜に書かれた休符をどう演奏するか=魅力的な表現の一部として取り入れるかを研究すると、音楽はより一層引き締まって聴く人の心に届きます。


ぜひ今演奏している作品に出てくる音符と音符の間の休符について音楽的な魅力を表現するにはどうしたらよいか、考えてみてください。




ということで今回はここまでです。

また次回!






荻原明(おぎわらあきら)




ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。