#032.楽譜を読むための基本 7「調と音階について その2」

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。

ただいま数回に分けて「楽譜を読むための基本」を解説しています。シリーズになっているのでご覧になっていない方はぜひ過去の記事もあわせてご覧ください。特に今回の記事は前回解説した長音階とその求め方の続きですので、前回をご覧になっていない方はまずはそちらをご覧ください。



長調と短調の関係(平行調)

調号はシャープとフラットそれぞれ7つ(ドレミファソラシの7音)まで付けることができます。そして何も付いていない調を含めると、最大で15種類の調号があるのがわかります。



長調だけで15種類ですが、調には「短調」という種類が存在します。短調も長調と同じ調号で表すことができます。では長調と短調は何が違うでしょうか。


答えは、「スタート位置」です。


もうすこしきちんと言うと、同じ調号で主音が変われば長調、短調が変わる、ということです。具体的には長調の主音より「短3度下」からスタートすると同じ調号の短調になります。この同じ調号の長調と短調の関係を「平行調」と呼びます。


では鍵盤楽器などで音を出してみましょう。


自然短音階

いかがでしょうか。この楽譜では調号のつかないC dur(ハ長調)のC音から短3度下へ移動したA音を主音にして順番に音符を並べてみました。なんとなく印象として「短調らしさ」を感じることと思います。その理由は最初の3つの音にあります。


長調の場合、主音から3つ目までの音程が「長2度」→「長2度」


に対して、短調の場合は「長2度」→「短2度」なのです。この短2度音程(=半音程)を感じた瞬間に長調なのか短調なのかを感じ取っている場合が多いです。

しかし、この音階の先、違和感を覚えた方がいらっしゃると思います。


「終わった感じがしない」


と思いませんか?では今度は音階の後半に着目してみましょう。

音階は7つの音があり、8つ目に主音(の1オクターブ上)に帰ってきます。その7音目から主音に入った瞬間に「あれ?」と何だか煮え切らない印象を持ちませんか?

では、一旦長調に切り替えてみましょう。

7音目から主音、帰ってきた感じとか、到達した感じとか、そのような「しっくり」を感じます。

この違いは何かと言うと、

7音目と主音が半音(短2度)の関係である」かどうかの違いなのです。

短音階ではこの部分が長2度になっているため、まだ音階の途中のような、解決した感じを持てません。しかしこれも短調の音階のひとつです。この完全に調号に従った音階を「自然短音階」と呼びます。


和声短音階

自然短音階が何やら不自然な印象を持つのは7音目と主音が長2度だからであることがわかりました。では、もっと自然になるよう変えてしまいましょう。ただし、主音をいじると調そのものが変わるのでそれはできません。したがって消去法で第7音を半音上げることにします。

どうですか、このしっくり感。音階らしさが出てきましたね。第7音、グッジョブです。

グッジョブなので「第7音」には「導音(どうおん)」の称号を与え、ランクアップさせます。

第7音が主音と短2度(半音)の関係になっている場合、第7音のことを主音へと導く音、という意味で「導音」と呼ぶことができます。したがって、先ほどの自然短音階の第7音は導音とは呼べないのです。


旋律短音階

長調も含めて音階は、すべて隣り合う音は「長2度」か「短2度」の音程で構成されていました。

しかし、自然短音階が「自然」と言うわりに不自然だったため、和声短音階では第7音を半音上げたところまでは良かったのですが、それによって第6音と第7音の音程が半音+半音+半音という「増(ぞう)2度」になってしまいました。

この増2度音程があるからこそ、長調にはない異質感を生み出す、と言ってしまえば聞こえはよいのですが、やはりちょっとトゲトゲした感じは否めません(個人的見解)。なんとかならないでしょうか。おおそうだ。だったら第6音も半音上げてしまえば長2度と短2度だけになるじゃないか。と言ってこうなりました。

さらりとしたキレイな音階ですね。これで一件落着!

…と思いきや、この音階、下行(主音から下がること)してみましょう。

前半おかしくないですか?これじゃあ長調じゃないですか。前回長調をすべてマスターした(はず)のみなさんでしたらすぐにわかりますよね「これはA dur(イ長調)だ!」と。


そうなんです。都合よく変えるとどこかで帳尻が合わなくなってこんなことが起きてしまうわけです。


じゃあ、下行形は半音上げた音を全部元に戻そう。そうしよう。ということで、第6音、第7音を半音上げるのは上行形のみとし、下行形に関しては自然短音階と同じように調号を尊重する、ということにしたこれを「旋律短音階」と呼びます

ということでいろいろ帳尻合わせをした結果、ひとつの調号で3種類の短音階ができました。基本的には楽曲を構成している音階は「和声短音階」であり、メロディラインに「旋律短音階」が採用されることが多い、と思ってもらえると良いかと思います。ですから、短調の作品には「調号と関係なく第7音が半音上がることが多々ある」と理解しておきましょう。


短調の仕組みを解説しました。前回同様ぜひ、短調もすべての調号で「自然」「和声」「旋律」の3パターンを五線に書き出し、ピアノやトランペットで演奏してください。



明るい?暗い?

学校教育では往々にして「長調=明るい」「短調=暗い」と差別化することが多いのですが、以前よりこのあまりにも稚拙な解釈に疑問を持っています。

だって、短調って本当に暗いだけですか?僕個人としては短調は「カッコイイ」「真面目」「深刻」「キレがある」「大人っぽい」「(精神的な)厳しさ」「理路整然」など、様々な印象を受け「暗い」と思うことは少ないです。


一方で長調も「明るい」ってなんかちょっとバカっぽくないですかその言い方。「元気」「無邪気」「晴れやか」「優しさ」「暖かさ」「緩さ」「自由」、短調と同じく、様々な印象を作品によって受けます。


学校教育で「明るい」「暗い」と言ってしまうから、先入観でそういう印象を持ってしまい、発想の自由を奪ってしまうのです。良いこととは思えません。


また、長調と短調は別世界ではなく共存しています。「この曲は長調だから」と行って、短調の要素が一切出てこないことはありません。今回の話題の範囲外なので深く解説はしませんが、長調の音階固有音で作られる和声(この場合は3和音)の中には短三和音が7音中3つ、減三和音が1つあり、長三和音も3つです。割合としては長三和音のほうが少ないわけです。ですから、普通に和音が進行すれば、短調の世界観が見え隠れしているのが普通です。

平行調の話を最初にしましたが、同じ調号で主音が変わっただけで長調、短調が切り変われるのですから、曲の途中でスッと平行調に転調していることも少なくありません。昔ならではの作り方をしているポップス作品や昔のアニメソングは、大概Bメロと言われる部分が平行調に転調しています。イメージとして、ひとつの調には様々な場所に出入り口が存在し、他の調へ移動する鍵さえされば移動は自由にできるのです。


よほどシンプルな童謡や民謡でない限り、ほとんどの場合どこかが転調しているので、そういった目線で様々な楽譜(単純な作りのポップスや昔のアニメソングなどが良いかと思います)を見てみましょう。


さて、前回今回と調について解説しましたがいかがでしょうか。音楽の時間に先生から「いいから丸暗記しろ」と言われたり、吹奏楽部で楽器を始めたばかりで音を出すだけで忙しいのに、追い打ちをかけるかのように様々な調のロングトーンをわけもわからず吹かされて指で感覚的に覚えてしまったり、コンクール要員として複雑な楽譜をいきなり演奏しなければならないなど、調に対して理解する前に押し付けられると拒絶感を持ってしまう場合もあると思います。


しかし、前回の記事で解説したように調は「ステージセレクト」。その世界(調)で演奏するからこその魅力、特色があるのだと理解して、あなた自身もその調の世界に飛び込みましょう。


ということで今回はここまで。

また次回です!




荻原明(おぎわらあきら)


ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。