#034.バテについて考える

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。


今回はトランペット吹きの大敵「バテ」のお話。



バテとは何か

トランペットを演奏していると疲労によりだんだんと思ったように音が出せなくなることの通称を「バテ」と呼びます。その理由はいくつかあり、大きく分類すると以下の3つに絞られると私は考えます。


1.筋肉疲労によるバテ
2.血流の悪化によるバテ
3.精神的なバテ


[筋肉疲労によるバテ]

トランペットは体を使うことで音を発生させるので、寝ているようなリラックス状態では演奏に必要な機能が働きません。人間は体を動かすために筋肉の収縮(働くこと)が必要になりますが、筋肉はどれだけ負担をかけないように使っていてもいつかは必ず疲労します。

筋肉は休ませなければ長時間使い続けられないことを楽器を演奏する最に理解しておくことが大切です。

しかし、トランペットを演奏するために必要な筋肉など本当に大したことはなく、正しく効率的な使い方をすれば実は筋力バテは起こらないのです。



[血流の悪化によるバテ]

この場合の血流とは唇とその周辺を指し、具体的にはマウスピースのリムが唇に触れ続けることによる血流の悪化です。粘膜部分の多い繊細なこのあたりは、何かの物体で圧迫され続ける経験がほとんどないために違和感を覚えやすく、しかも演奏中に無意識にマウスピースを押し付けたくなる傾向にある奏者が多いことから、唇が痺れて感覚も反応も鈍くなってしまう状態です。

これも筋肉疲労によるバテと同様、可能な限り回避する方法や意識の持ち方がありますが、ひとつ大切なことは血流バテをしたくないからとマウスピースと唇の接触を避けようをする行為は奏法バランスが崩れ、かえってバテを誘発しやすくなります。



[精神的なバテ]

これは上記2つとはアプローチが異なります。簡単に言えば「やる気がない」状態です。

眠いとか、具合が悪いとか、体全体が疲れているというダルさからくることもありますし、単に気が乗らないとか、他に気になることがあるなど、その理由も人の数だけ、環境の数だけ様々あると思います。本番の日など、この状態でも気合を振り絞って楽器を演奏しなければならない時もあると思いますが、体調や気持ちが乗らないときには休むことをお勧めします。1日ゆっくり休ませたり、楽しいことをするなどしてリフレッシュし、元気になったらまたモリモリ練習すれば良いのです。毎日絶対楽器を吹かなければならないと思う必要はありません(もちろん毎日吹きたい!吹くことがリフレッシュ!と思っている方もはそれも良いと思います)。



プロもバテます

東京音楽大学の吹奏楽アカデミー専攻の講師をしておりますが、この専攻は器楽専攻と違って管打楽器ひとくくりで募集をしているために、初年度の現在はトランペットの学生がおりません。しかし吹奏楽合奏の授業はありますから必然的に僕がひとりでトランペットパートを担っているところです。

授業はおよそ3時間。その間ずっと吹き続ける必要があります。これまでトランペットひとりで吹奏楽を経験したことがなく、バテないよう心がけてはいます。


人間である以上トランペットを吹いていればだれでもバテるわけで、そこにアマチュアとかプロの線引きはありません。


しかし、こう思うかもしれません。「プロの人ってバテないじゃないか」と。いやバテます。バテないのではなく「バテにくい吹き方」「バテないための対策」をしているのです。プロだからできるとか、アマチュアにはできないとかではありません。誰でも心がけて手に入れられるスキルです。


まず大切なのは「バテない吹き方」はない、と理解しておくことでしょう。



「バテない」ではなく「バテにくい」を目指す


[鍛える発想は持たない]

僕が中学生のとき、口を横に思い切り引っ張って唇だけで鉛筆をくわえ、それをまっすぐキープする訓練をしていました。先輩にそうするとバテないと教わったからです。バテるのは筋力が足りないからだと言われ続けていました。また、その当時指揮、指導していた方(アマチュア)は「バテるのは練習が足りないから」「バテは甘え」「バテてからが練習だ」と本気で言うような、そんな時代と環境でした。これらに共通すること、それは「バテという存在から目をそらしている」点です。


なぜ目をそらすのか、答えは簡単。健康に演奏し続ける方法を知らないからです。


バテにきちんと向き合い、人間なのだからバテて当然、ではどうすれば良いか、と考えることでやっとスタートラインに立てるのですから、そもそもの考え方が違うのです。


では具体的にはどうすれば良いでしょうか。



[マウスピースリムの重要性]

マウスピースのリム、これは何のためにあるのでしょうか。リムの役割とは、


位置を固定する(ずれないようにする)


これが目的です。

では何の位置でしょうか。答えは、


リム内の状態


です。

トランペットは唇が振動することで音が出ますが、その唇というのはリムの中にある唇を指します。ですから、リムより外にある部分はトランペットの音の出る原理とは直接関係がありません。したがって演奏するためのセッティングとは、リムの中をセッティングすることなのです。


これを理解しないで顔面の筋肉を駆使し、やれ横に引っ張るだのそうでないの、マウスピースの当てる位置はどこが正しいだの、唇を巻くな開くな楽器の角度がああだこうだと言っているから混乱してしまうのです。音の出る原理は非常にシンプルであり、そして明確です。


リム内の唇とアパチュアの分量バランスが常に最適であれば音は出ます。そのバランスを保つためにリムが唇やその周辺に「貼りつく」ことが必要なのです。リムの貼りつきは決してグイグイ押し付ける必要はありませんし、やらない方がいいです。その割合は実際にマウスピースとどの程度触れ合っていればくっついてくれるか実験すればすぐわかります。軽く触れていればリムと唇とその周辺は貼りついてずれませんよね。


貼りつきが起こり、リム内の状態がベストをキープできていれば、リムより外側の筋肉を駆使する必要はありませんから、結果的にバテにくい演奏が実現するわけです。


したがって、効率良く演奏できると実は筋力バテは起こりません



[プレスという言葉]

「プレス」という言葉をよく耳にします。マウスピースのリムが唇に貼りついている状態を指す言葉ですが、言葉のニュアンスからどうしても「押し付ける」イメージを持ってしまいがちです。したがって私はできるだけこの言葉は使いませんし、使うときには悪い意味として使います。


ただしプレス行為が悪いのではなく、ギュウギュウ押し付けることによるデメリットがあるのです。かと言って、極力リムと唇を接触させないようにすると今度は口周辺の筋肉で補おうとして筋力バテがいとも簡単に起こりますから大変良くありません。結局は先ほどの「貼りつく」状態で演奏することが大切なのです。


しかしリムが唇とその周辺に貼りつき続けていると、今度は血流バテが起こります。


「人間だからバテて当然」とは、この血流バテのことを指します。対策をとらなければなりませんが簡単です。


できるだけこまめにリムを唇から離す時間を作るのです。合奏中でも1小節空いたら唇から離す。完全に離してしまうとセッティングに時間がかかりますから「浮かせる」ようにするだけでも全然違います。


したがって、ひとりで練習している時などはすぐに休憩を入れます。よく10分吹いたら5分休憩など時間で考えることが多いですが、演奏する内容、課題、楽器、空間などの条件でそれらは大きく変わりますから、「隙あらば唇から離す」と考えて、キリの良いところまで吹いたらコンディションが戻るまで時間をあける、など臨機応変に休みを入れてください。



[いい音を追求することがバテにくさに繋がる]

バテないようにしようと考えると、どうしても守りに入りがちです。楽器の演奏は守りに入った時点で歯車の噛み合わせが狂い出します。


積極的な演奏、要するに音楽表現も音色もベストな状態を追求し続ける。イコール楽器が持っているベストを発揮させられる技術が必要で、結局これが「音のツボに当てる」にやはり繋がっていくのです。


楽器が持っている力を最大限発揮するためには、人間が余計なことをしないのが大切で、言い換えるならばこれは、本当に必要なことを見出さなければできないことです。


本当に必要なこと、例えば顔面の筋肉に「これでもか!」と力を込めて、あれこれ駆使することが必要なはずありませんね。音がなぜ出るのか。人間は何をサポートすれば良いのか。それを理論的に理解し、実践し、結果に繋げていくのです。そうしていくうちに、筋力バテが起こる要素など本当はないことを理解できればしめたものです。


金管楽器の中でもひときわバテやすい楽器のトランペット。木管楽器や打楽器、弦楽器、場合によっては他の金管楽器から「トランペットって休憩してばっかり」と非難されるかもしれません。しかし、トランペットは持続して演奏することが困難な楽器なのですから、周囲の理解も大切ですし、サボっているんじゃないと思わせる(フリをする)テクニックを習得することも大切です。



さていかがでしょうか。

トランペットは絶対にバテます。人間だもの。

だからどうすればいいか、と考えて工夫してみましょう。


それではまた次回です!




荻原明(おぎわらあきら)



荻原明トランペットレッスン受付中

こちらのブログ「ラッパの吹き方:Re」の著者で、東京音楽大学、プレスト音楽教室講師の荻原明による理論的かつ音楽的な「今」のレッスンを受講しませんか?東京都文京区のプレスト音楽教室でお待ちしております。楽器未体験の方から音大受験を考えている方まで募集中です。詳しくは下記リンクをご覧ください。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。