#035.プラクティスミュートと練習場所問題について考える

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。



練習場所問題

みなさんはトランペットの練習、どこでされていますか?


部活動に所属している学生の方は、練習場所が当然のように存在しているのであまり考えたことがないかもしれませんが、社会人になると音を出す場所を探すだけでも一苦労な環境にいる方も多いです。


私のレッスンを受講されている生徒さんの中にも、家で音出しができないとおっしゃる方が多いのですが、講師をしているプレスト音楽教室のメリットとして、生徒さんは教室の防音室が無料で利用できる制度があり、金管楽器としては非常にありがたいわけです。


自分の話をすれば、私もレッスンの2時間前から部屋を確保して、自分の練習に充てるなど音出しに音楽教室を使わせてもらって助かっています。

(レッスンで主に使用しているプレスト音楽教室アンサンブルスタジオ)



しかしそれは今の話。中学生の時は部活の活動時間しか音出しができず、高校の時は音大受験もあって吹奏楽部の顧問の先生や担任、音楽の先生にお願いして教室や音楽準備室などを好意で使わせていただいていました。音大に入ってからは基本的に練習場所に困ることはなかったのですが、長期休暇や日曜祝日は当時学校が空いていなかったのでその点は苦労しました。大学を卒業して東京で一人暮らしをしていた時も、当時はまだ母校の東京音大で卒業生が練習することが黙認されていたので助かっていましたが、徐々に行きづらくなり、公共施設などを借りて音出しをするなど、やはり苦労していました。

屋外で練習、という発想も無きにしもあらずですが、都心で音が出せる屋外というのもなかなか見つけるのは大変ですし、そもそも楽器の練習は屋外に適していません。気温や日光、砂ぼこりなど楽器自体にもダメージを受けますし、そもそも集中して練習などできませんよね。


最近ではカラオケボックスが練習としての利用を歓迎しているところも出てきて、そういった点ではありがたい存在かもしれません。しかし、やはり集中して自分の音や音楽に向き合うという環境にはほど遠いし、多分マイクを握って歌い始めてしまい全然練習になりません(これは個人的見解)。


かと言って公共施設を使うのも利用希望者が多く抽選やら何やらで難しいですし。カラオケもそうですが練習にお金がかかって仕方がない。


難しいところですね。


打開策、というのは地域や環境でも全然違うのでここでズバリ言うことはできませんが、やはりプレスト音楽教室に入会していただくのが一番かと…。宣伝しているというか、本当に一番環境が良いと思うのです。東京周辺の方はぜひ。


プラクティスミュート

上記の選択肢の中に「プラクティスミュート」を挙げなかったのには理由があります。プラクティス=練習。演奏においてのミュートは音色を変化させるために用いる器具であるのに対して、プラクティスミュートは単純に音を極端に小さくするための本当の意味でのミュート(弱音器)です。


最近では本当にたくさんのプラクティスミュートがあり、ペットボトルで自作したり、トランペット奏者が開発したものなどもあります。プラクティスミュートは昔から存在していますが注目を浴びるようになったのは今から20年ほど前に発売されたヤマハのサイレントミュートではないでしょうか。サイレントミュートの大きな特徴は、アンプのようなものに接続して自分の音を電気的に変換できる面白さがあるところでした。外部入力をすればオーディオから自分の加工された音が出てくるので、カラオケ的な使い方ができる、という…まあオモチャの範疇です。


ちょうど僕が音大生だった時にヤマハの方が開発中のサイレントミュートを持ってきて、みんなでモニターになりました。その後一般発売されたサイレントミュートは非常に人気が出て、気がつけばあらゆる楽器がサイレント化している現在。


最初の頃は僕も使っていました(後輩が貸してくれていた)。大学が使えない時期に仕方なく実家でサイレントミュートを付けて音出しをしていたのですが、これを使うと調子を崩す、という経験を何度もしてだんだん使うのが怖くなりました。


生徒さんからもプラクティスミュートについて質問されることが多いのですが、私は「可能な限り使わないほうがいい」と答えています。「プラクティスミュートを付けて練習時間を確保するほうが良いのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、私はこのミュート、使い方を間違えると逆効果になると考えています。しかもそのデメリットへとつながる「間違えた使い方」の項目があまりにも多く、結果的にプラクティスミュートでできる練習方法が見出せないのです。



プラクティスミュートがなぜ調子を崩しやすいのか

プラクティスミュートを使うと高確率で調子を崩すのはなぜかわかりますか?これは、トランペットの音の出る原理を理解していれば簡単にわかります。


唇に作られたアパチュアという空気穴に体内の空気が流れ出ると唇が振動して音になる、と思っていませんか?実はそれだけでは振動は発生しません。トランペットは体内から流れた空気がマウスピースや楽器で抵抗感となり、その抵抗感と体内の空気圧のバランスが良い状態になった時、唇が自然に振動を発生するのです。これが音の出る原理です。


よって楽器の演奏には「空気抵抗」が大変に重要な存在なのです。


これでおわかりいただけたでしょう。

プラクティスミュートをベルに挿入することで音を遮断する、これは結果的に空気の出口を塞ぐ行為です。


楽器から外へ空気が出ないということは、通常の演奏時に比べると果てしなく高い空気抵抗を生み出すことになるわけで、体内の空気圧とのバランスは大幅に狂ってしまいます。


もしこの状態で強引に音を出そうとするならば、楽器そのものは臨機応変に形状や反応を変えてくれるわけがないのですから、体内の空気圧を異常なまでに高めるしか方法がありません。さらにその高圧状態のバランスを取るためにアパチュアも果てしなく大きくセッティングする必要が出てしまうのです。これはいわゆる「開いた状態」であり、演奏に最も不向きな響きのない「開いた音(そば鳴り)」の状態です。


こんな状態になる練習をしてしまったら、プラクティスミュートを外して通常の練習に戻った時の音の出す感覚は大幅に狂ってしまい、セッティングもわからなくなるので、感覚を取り戻すために時間が必要になるのです。ましてやプラクティスミュートで曲を練習したところで、同じ体の感覚やコントロールで演奏が成立するわけがないのですから、その練習には意味がなかった、と言うしかありません。これが私が「可能な限り使わないほうがいい」と生徒さんに言う理由です。


どんなに高性能なプラクティスミュートであっても、結局ミュートを付けていない状態とは何かしら異なったバランスを要求されてしまうのですから、多かれ少なかれ何らかのトラブルは起こると考えています。



ではどうするか

じゃあ練習しないほうがいいのか?と思われてしまいますが、音出しができない環境であっても、人間が喋っている声と同じくらいであれば苦情は来ないはずですね。だったらそれくらいの音量で音を出すための研究をしてはいかがでしょうか。


これは決して萎縮して音が出ないようにアパチュアを潰したり、体を固めるのではなく、正しいバランスで自然にリラックスした唇の反応を求めたアパチュアと空気圧のバランス作りの模索です。上手にコントロールできるようになれば、結構広い音域を出すことができます。


丁寧さとイメージの強さ、正しい理論が要求される良い練習です。


そして数回に1度は思い切り音が出せる場所を確保して、そこで幅広いダイナミクスで楽曲の完成を目指した曲作りをする。そうした計画性のある研究と実験、そして練習のスパンを目指してはいかがでしょうか。



練習場所の響きについて

プレスト音楽教室は大小様々なスタジオを完備していて、レッスンでは大きな部屋をメインに使わせてもらっています。

生徒さんの個人練習で使用できるのは1~3名で音出しができる小さめの部屋が主です。そこで音を出された生徒さんの中には「狭い部屋だと吹きにくい」とおっしゃる方も多いです。

(プレスト音楽教室スタジオ7)


みなさんも経験があると思います。小さな部屋や吸音材だらけの防音室だと響きが生まれず自分の音がやたらのノイズ混じりに聴こえたり、もっともっと吹き込みたくなる感覚になることが。あれは、響きのある空間で演奏した過去の経験と、今出している現在の音のギャップを(無意識に)埋めようとしている状態です。響きのある空間では、軽く音を出しても自分の音が良く鳴っている、と認識できるので、あの気持ちい良い状態を(頭ではわかっていても)無意識に求めてしまいがちなのです。


しかし、その溝が埋まることは決してありません。


狭く響きのない空間で音を出さなければならない場合は、音の出る原理とそれによって反応している体にじっくりと向き合って、耳に届く空間の響きに惑わされないようにします。ベルから空気の音がシャーシャー聴こえてきても、空気の抵抗感や流れが音を発生しているトランペットの発音原理を考えれば、そのシャーシャー音がするのは当然であると考えます。


もしその空気の音が気になる場合はベルの向ける場所を変えてみてください。それだけで変わることもあります。


とにかく、鳴りが悪いと勘違いして、体内の空気圧を高めたり、アパチュアを締め付けるようなことを決してしないように強く意識しましょう。「鳴らない場所なのだから、こんなもんだ」と線引きをする気持ちが大切です。


したがって、こういった部屋で管弦楽や吹奏楽のフォルティッシモ部分を練習するのはあまり向いておらず、どうしても練習したい時には、あまり大きな音、響きのある音を求めるのではなく、音域変化のコントロールや歌い方(アゴーギク)などを研究する場にするなど、まさに「時と場合」に合わせたメニューを組む柔軟さが大切ではないか、と思います。



ということで、今回はプラクティスミュートと練習場所問題についてお話をしました。

プレスト音楽教室でレッスンを受けませんか?練習室が無料で使えるのは大変なメリットです!


体験レッスン随時受付中!




荻原明(おぎわらあきら)

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。