#036.ロングトーンって何だろう 1

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。



ロングトーンて何だろう?

さて今回はロングトーンについて書いてまいりますが、ロングトーン、していますか?吹奏楽部に所属している方はきっとほとんど全員が経験していることでしょう。個人で練習する場合もロングトーンを取り入れている方は多いはず。


ではそもそもロングトーンとは一体何でしょうか。

皆さんが「ロングトーンとは何ですか?」と聞かれたら、どう答えますか?


音を長く伸ばす練習?

様々な音階が吹けるようになる練習?


回答はいろいろあると思いますが、特徴的なことはロングトーンとは?の問いに対してとても広範囲な回答があることです。


そうなのです。ロングトーンとは様々な目的を持たすことができるいわば「箱」のような存在なのです。



箱の役割

箱の役割とは何かを入れることですね。誰かに何かを送るために箱に入れる、大切に保管するために箱に入れる。箱は入れる中身やその目的によって役割が変わっていくものです。同様にロングトーンもそれだけでは「長い音」という意味しかなく、なぜ長い音を伸ばすのか明確な役割を持たせることで初めてロングトーン練習をする意味が生まれます。


では今一度お聞きします。皆さんがいつも行っているロングトーンはどのような内容でしょうか。


例えばメトロノームをカチカチ鳴らし続けて、B dur(変ロ長調)の音階を8拍ずつ伸ばしては上行下行するとか、きっと若干の違いはあれどそういう方法をとっているかたがほとんどではないでしょうか。


それについてはもちろん構いませんが、問題は、その練習にどのような意味、目的、課題を込めているか、という点です。


「毎日やってるからなんとなく(惰性)」

「去年までの先輩たちがそうやっていたから(伝統)」

「やれと言われているから(受け身)」


経験則ですがロングトーン練習は特にこれらの要素がこびりついている場合が多いように感じます。


近年部活動の活動時間が削減されていく中の貴重な時間ですから、行うことすべてにきちんとした意味を持たせ、かつ効率的で結果につながる意味のある練習にしたいですよね。特にロングトーンは時間のかかる練習です。それだけ考えるべきことも多いと思います。



ロングトーンは何でも入れられる便利な箱

では目的を決めましょう。ロングトーンという練習は本当に便利なもので、あらゆる目的を持たせることができます。しかもその方法も実に無限なバリエーションを組めるので、目的がきちんと達成できる(であろう)内容、方法を考え、決められることが重要です。


毎回同じ課題をすることも大切だと思いますし、どんどん新しい方法や目標を設定し、チャレンジするも良いでしょう。



1人のロングトーンか、複数のロングトーンか


1人で行うのか、複数で行うのかでも目的や意味が変わってきます。


[1人で行うロングトーン]

音楽は本来、聴いて下さる方に演奏を届けることを目的としているので、奏者の基本姿勢は「自分の演奏、作品の素晴らしさ、作曲者の想いをどのように届ければよいか」「どのようにしたらそれが届くのか」を考え、工夫をしていく研究が大切です。しかし1人でのロングトーンの場合は、それより一歩手前の「自分の音楽と向き合う」時間にすべきだと思います。


自分のイメージした音色が出せているのか、ピッチもそうですが感じている音程感は美しく演奏できているのか(自分の心や頭の中に美しい音程感を持っているのか)、フレーズ感のある歌を持って演奏しているか、心を落ち着かせて音楽や楽器演奏に向き合っているのか、セッティングから音を出すまでのルーティンは正しくそして丁寧か。そうした自分の内面にあるものがきちんと現実で発揮できているのかをロングトーンで確認するのです。


[複数で行うロングトーン]

一方複数で行うロングトーンは、実践的な内容、要するに「アンサンブル」をメインにするのが良いでしょう。アンサンブルというのは、同じ奏者が作品や場面によって様々な変化する多彩な演奏を求められるわけですから、ロングトーンも、より実践的にそのつどこれからどのような演奏をするのかを具体的に決めてお互い認識し合い、イメージの方向性を揃えます。

ですから、この時点で個人練習的な内容、例えば「タンギングとはどのようにすればクオリティを上げられるか」などと個人的な技術の話を持ち込んでしまうと非効率的な時間になってしまいます。


したがって複数で行うロングトーンは個人練習(研究・実験)で手に入れた様々なテクニックの引き出しから何をチョイスするのか、その引き出しをスムーズかつ瞬時に見つけて発動できる力を伸ばす時間と思ってください。

このどちらにも言えることは、惰性で行ってはならない、ということ。毎日同じメニューしか行わないとか、目的もなく音を出してしまうのは単なる体力と時間の無駄です。なぜそれを行うのか、何ができるようになりたいのか。そういったことをベースにあらかじめメニューを考えておきましょう。


では実際にどのような練習をすると良いか、一例をいくつか提案してみたいと思いますが、それは次回の記事で紹介します。


まずはその前にご自身で、パートやバンド全員で意味のあるロングトーンにするにはどんな方法で行うべきか。今必要なことは何か、実践していることをより良いものにするために何か変えられることはないか。これまでの方法に疑問はないかなどあらゆる角度から検証してみましょう。



では今週はここまでです。

また次回!




荻原明(おぎわらあきら)


こちらのブログ「ラッパの吹き方:Re」の著者で、東京音楽大学、プレスト音楽教室講師の荻原明による理論的かつ音楽的な「今」のレッスンを受講しませんか?東京都文京区のプレスト音楽教室でお待ちしております。楽器未体験の方から音大受験を考えている方まで募集中です。詳しくは下記リンクをご覧ください。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。