#037.ロングトーンって何だろう 2

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。


前回に続き、ロングトーンについて書いてまいります。今回は実践的なお話が多くなります。

もし前回の記事をご覧になってない場合は、ぜひ続けて読んでください。

ロングトーンで何ができる?

ロングトーンは「音の長く伸ばす練習」とは限りません。前回お話したようにロングトーンは具体的な内容を自由に入れて目的を持たせるための「箱」ですから、その箱に何を何のために入れるかを具体的に決めて実践することが大切です。


今回はその時のためのヒントを挙げてみたいと思います。



[休憩や休符をこまめに含める]

僕が音大生の頃、1,2年生の室内楽の授業では金管全員集まってとりあえず5度ずつ音を上げていくノンストップ全調ロングトーンというのをやっていました。なぜそんなことが始まったのかよくわからなかったのですが、ただただキツいだけだった記憶があります。金管楽器、特にトランペットはマウスピースが口から話せない状態が数分続くと血流バテが起こり健康に演奏し続けることが難しくなります。したがって、音と音の間に2拍でも休符が含めるなど、工夫をしましょう。

長時間演奏し続けられるためには、演奏に必要な最低限の体の使い方について研究する必要があります。バテでも意地で吹くとか、まったく意味のないことです。



[全ての音階を演奏できるようにする]

先ほどのお話にあがった音大生の時の全調の音階を演奏するその行為自体は大切です(ノンストップである必要はまったくありませんが)。なぜなら、音階(調)は音楽を構成する最も重要な存在のひとつだからです。シャープやフラットがたくさんついているから難しいと言っていては、いつまでたっても調によって演奏レベルに差が生まれてしまうのは不本意ですよね。そもそも難しいと感じるのは何も調号が書かれていないものを基準と考えているからです。いつも吹いていて慣れてしまえば、どのような調号でも同じように演奏できるはずですし、そうすることで今後演奏する楽譜がどの調であっても怯まずに演奏できるようになります。実践あるのみです。



[音程感を養う(音階)]

音階が短2度(半音)と長2度(半音+半音/全音とも言う)で構成されているのはご存知と思いますが、どこが長2度でどこが短2度か理解できていますか?そしてその音程の違いを感じ取れますか?

さらに、短調の和声短音階になると増2度(半音3つ分)の音程も出てきます。

こうした音程をイメージし、音楽的に美しい音階を演奏できるようにすることもロングトーンでじっくりと実践できることでしょう。半音階で短2度の連続を美しく演奏することも大切ですね。


なお、短調については過去に詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。


[音程感を養う(インターバル)]

徐々に音程を広くしていくインターバル練習も音程感を養うには効果的です。金管楽器は特に、広い音程の移動を難しいと感じる方が多く、それを解消する正しい音域変化についても研究できる良い時間になることでしょう。

もうひとり一緒に演奏する人を見つけて、それぞれの音程から生まれるサウンドを知るということも勉強になります。



[音を出すためのルーティンの確立]

「音の出し方」として口の周りをどうするか、などの話題は多くあっても、構えて音を出すまでの一連の流れ、ルーティンについて言及することはなぜかとても少なく感じます。そのために、大変乱暴なルーティンが無意識のうちに成立してしまっている奏者も少なくありません。これは、指導者が音を出すところから音楽と考えてしまっていることが原因でもあります。どんどん音を出させようとせっかちになると、奏者もセッティングや呼吸の流れをおろそかにして、音が出るタイミングばかりを狙うようになります。

アンサンブルの乱れや、演奏の不安定さを解消し、常に丁寧に落ち着いた気持ちで演奏をするためにロングトーンを利用するのもひとつの手段だと思います。


ルーティンというのは、ひとつひとつの状態を順番に行うだけでは意味がありません。1つ目の動きから2つ目の動きが生まれるといったように、それぞれがどのようにつながり合い、影響を受けながら体の動きの流れが成立するのかを感覚的に身につけることを求められます。

そうした点について意識するロングトーン練習があってもいいと思っています。



[タンギングの質やアーティキュレーションの表現]

スタッカートやアクセントなど、楽譜に出てくる様々なアーティキュレーション記号をどのように解釈するのか、どのような表現の可能性が考えられるかをロングトーンで話題にするのも良いと思います。アクセントは舌を強く突く、と考えている奏者も多いのですが、それが本当に効果的な演奏につながるのか、いままで正しいと思っていたその方法を検証するのも、他のアプローチで表現できないのかを研究するにもロングトーンを利用する価値はあると思います。

それらの基本となるタンギングも、様々な表現方法があります。明瞭で最も基本的なタンギングから、ソフトなタンギング表現までいくつもの引き出しを持っていることは奏者として必要です。



[音の終わりの表現]

「音の処理」と言われることもありますが、管楽器はスタッカートの連続など例外を除いて、原則として音を吹き終える際に舌で止めることはしません。空気の圧力が0になるから音が鳴らなくなる、その方法を利用しています。舌で止めて音を終えるのが習慣になっていると、それをなかなか直せません。しかも、実は舌だけが原因ではないのもやっかいなところなのです。

また、盛大に演奏を終えたり、フレーズを優しくまとめて演奏し終わるなど、いわゆる語尾の表現力もロングトーンで身につけておきたいところです。


こうして考えてみると本当にできることは無限にあり、個人でもバンド全体でも「今、最も求めていること」を題材にして、あらゆるパターンをロングトーンを使って研究してください。

今回は、ロングトーンというシンプルな行為だからこそ意識を向けられるいくつかについて解説しました。次回は主に合奏でのロングトーンについて書いてまいります。ぜひ今回の記事で、まずは個人できちんと結果につながるロングトーン練習を行なってください。


では、今回はここまでです。

また次回!



荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。