#039.アンサンブル 1(アンサンブルって何だろう)

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。


最近は吹奏楽連盟のアンコン(アンサンブルコンテスト)に参加される学校も大変多くなり、室内楽を経験する機会も増えたように感じます。


僕が中学生の頃は(もしかしたら地域性かもしれませんが、アンコンという言葉すら聞いたことがなく、高校生になって初めて金管アンサンブルというものを経験しました。


アンコンに出場する学校や学生にとって、アンサンブルが吹奏楽コンクールが終わったら冬に向かって取り組むひとつの行事といった「時期モノ」になっている感じがあります。

しかし、吹奏楽とアンサンブルは似て非なる存在で、頭を切り替えないとうまくいかない点が多々あります。


そこで今回から数回に分けて、アンサンブル(室内楽)について書いてまいります。

なお、室内楽編成で演奏することをこのブログではすべて「アンサンブル」と呼びます。



アンサンブルって何だろう

吹奏楽の合奏とアンサンブルの最も大きな違い、それは指揮者がいないという点です。


指揮者がいないと何が変わるのか。それを理解するためにまず指揮者のお仕事について正しく理解しておきましょう。


指揮者のお仕事とは何でしょうか。棒をブンブン振ってテンポを教えてくれる人間メトロノーム?確かにそういう人がいないわけではありませんが、それは違います。指揮者のお仕事は「現場監督」そして「演出家」です。


[指揮者のお仕事]

演奏者はそれぞれに「この曲が最も素晴らしいと思う完成形」「自分の演奏の方向性」を持っています(理想も含む)。それは個性という素晴らしい存在ではありますが、集団でひとつの楽曲を完成させるにあたっては、方向性がバラバラでは成立しません。


さらに、楽譜に書いてあるデータは、そのほとんどが絶対的なものではありません。フォルテが書いてあってもそれが「〇〇デシベルでなければならない」とか、そんなふうに考えることに意味がありません。そもそもダイナミクス記号はデシベルだけで片付けられる存在でもありません。フォルテという記号の解釈は、作品、場面、演奏者の数だけ解釈があるのです。


そこで「このメンバーで今回作りあげる作品の方向性はこうです!」と具体的に決定するのが指揮者なのです。


吹奏楽やオーケストラは作品を演奏する「集団という楽器」と考えるとわかりやすいかと思います。


指揮者は自分の中に確固たる作品の完成図を持っていて、いくつもの表現の可能性や選択肢の中から「これでいきます!」と示す人です。そうした解釈の中にテンポも必然的に含まれているわけです。


というわけで指揮者のお仕事がわかりました。この仕事を専門にしてくれる人がいないアンサンブルは、奏者全員が指揮者のお仕事も担うわけです。


作品や場面において「『私たち』はこの場面をこうやって表現するんだ」という確固たる完成図をみんなで共有するのです。その方法については後日詳しく書いてまいります。



アンサンブルにリーダーは必要ない

じゃあ、奏者の誰か1人をリーダーにして、指揮者のような役割をしてもらおう、というのはアンサンブルとしては正しい発想ではありません。


しかも、そのリーダーを決める際、部活動だったらほぼ100%肩書きや学年などで決めてしまいますよね。


私が今まで見てきた範囲でですが、アンサンブル練習の時に先輩がものすごい頑張って、後輩がそれを聞くだけという状況がとても多くありました。確かに結果的にそうなってしまうのは否めないのですが、アンサンブルメンバー内で序列ができてしまうのは、なにかとアンバランスになりやすいのです。


そもそも、アンサンブル練習時間に喋ることで作品作りを進めていこうとするその発想があまり良いものではありません。喋ってしまうと先輩が意見を言って後輩がそれを聞く、という形にどうしてもなってしまうわけで、音楽を作る楽しさや意欲がなくなってしまうかもしれません。


演奏には上下関係は不要です。すべての奏者が等しく重要で、1stが偉いとか上手じゃないから3rdなどという発想は絶対にあってはなりません(演奏レベルによって結果的に選択肢が狭まるのは配慮なので違う考え方です)。それぞれのパートが担う役割が違うだけですから、アンサンブルにおいてもパートや立場の優劣をつけないようにしたいものです。演奏を聴く側になればそんなものが不要だとすぐわかりますよね。


というわけで、今回はまずアンサンブルとは何か、解説しました。次回以降はより具体的な練習方法やアンサンブルをする上で大切なお話をしていきます。


それでは、また次回!




荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。