トランペット技術本「4-3.スタッカート」”note”にて本日更新!

「トランペット 技術本」本日アップしました!こちらは”note”というサービスにて公開しております。


現在第4章「アーティキュレーションの基本」です。

今回は「スタッカート」について。

子どもの頃、スタッカートは「音を短く切る」とか「半分の長さにする」と習ったのですが、本当にそういった解釈で良いのでしょうか。アーティキュレーションについてもっともっと深く考えてみましょう。音楽の視野が広がりますよ。



こちらのバナーからインデックスをご覧いただけます。

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。