#042.アンサンブル 4(本番、舞台上)

みなさんこんにちは!

トランペットを吹く人、教える人の荻原明(おぎわらあきら)です。


さてこれまで3回に渡って書いてまいりましたアンサンブルいついて、今回が最終回です。

最後は「本番」「舞台上」でのことについて解説します。


ちなみに前回までの記事はこちらです。




吹奏楽にはないアンサンブルのお約束


[挨拶]

吹奏楽やオーケストラでは演奏者全員がステージに上がり、チューニングを終えるとおもむろに指揮者が登場します。それとともに演奏者が全員立ち上がり指揮者だけが挨拶をします。

しかし、アンサンブルの場合は当然指揮者がいませんから、演奏者全員で挨拶をすることになります。「私たちの演奏を聴くために会場に足を運んでくださってありがとうございます、素敵な演奏を皆さまに届けます」という感謝の気持ちで、笑顔で客席にいる方々へ目をしっかりと向け、その後丁寧に挨拶(お辞儀)をしましょう。これは演奏者の最も大切なステージマナーです。


演奏会に限らず、審査されるアンサンブルコンテストだって(別に媚びを売るわけではなく)自分たちの演奏を聴いてくださることに変わりありませんから、同じ気持ちで挨拶しましょう。


お辞儀のタイミングは、きっかけを作る人の動きに合わせます。きっかけを作る人として最も多いのは舞台下手(客席から見て左側)に一番近い人の動きに合わせます。金管アンサンブルではその位置はほとんどの場合トランペットの1stですね。


お辞儀のタイミングが合わなかったり、笑顔がなかったり目線が下を向いているのは客席から見て、ものすごく目立ちますし、その印象は最悪です。演奏前に印象が悪くなったらその後の音楽がどれだけ素晴らしくても魅力は半減します。ですから、日頃から例えば練習の時に奏者全員で円になって目線を合わせ、笑顔でお辞儀をしてから始めるなどしてみてはいかがでしょうか。舞台上でしか行わない動作があると、それが必要以上の緊張感になることも多いですから。


また、舞台に上がったときに挨拶が先かセッティングが先かをよく質問されます。でもそれはお客さんの立場になればすぐわかりますよね。お客さんは舞台に上がってきた奏者に拍手をしようと構えています。ですから、登場したらすぐ拍手してもらうのが最もストレスのない自然な流れです。それを入ってきてもお客さんに知らん顔で楽譜を置いてミュートを設置して、なんやかんややった後にお辞儀などしたら、場がしらけてしまうのが想像できると思います。よって、入場したらすぐ挨拶です。


ただしアンサンブルコンテストの時には特に楽譜、ミュート(しかもひとつではない可能性も)、場合によってはピッコロトランペットなどの持ち替え楽器など全部をいっぺんに持って入場することもあると思います。手にあふれんばかりの荷物を持ったまま挨拶をするのはあまり見栄えが良くないので、そういった時には定位置に着いたらとりあえず楽譜などをササっと置いてから挨拶をしましょう。


挨拶を終えれば演奏までの間、セッティングに少々時間がかかってもお客さんは待っていてくれます。


そうそう、ステージに入ってから挨拶をするまでの間の表情がめちゃくちゃ固い人や、動きに違和感がある人がとても多いです。ステージに入ってくる前からすでに柔らかな表情や笑顔でいてください。歩く姿勢が猫背でトボトボしていると、それだけでお客さんは不安になり、テンションが下がってしまいます。


これを書いていて思い出しましたが、私が高校生の時、人前でトランペットソロを演奏する機会がありました。それまで舞台でピアノとソロを演奏する経験はゼロだったため、当然挨拶の仕方もわからないままプロの見よう見まねをしていたのですが、演奏後に客席から見ていた人から「柔道の試合でも始まるのかと思った」と言われて大変ショックを受けました。足を広げて首だけ折り曲げて楽器も片手に持ったまま「ウス!」みたいな挨拶だったのでしょう。最悪ですね。


その一言がずっと忘れられなくて、今でもいつもそれを思い出しながら舞台ではできるだけ丁寧にキレイに挨拶をしようと心がけています。


ぜひ様々な奏者や指揮者の挨拶を研究してください。また、自身やアンサンブルメンバーの挨拶の動きを鏡で見たり動画で撮影して研究してみてください。



[チューニング]

吹奏楽やオーケストラでは全員が舞台に入り演奏準備が完了するとチューニングが始まります。アンサンブルの場合も同じ流れになる場合もありますが、私個人の意見としてはアンサンブルの舞台上でのチューニングは、できるならしたくない派です。これもお客さんの立場になってみればわかりますが、どうもあのチューニングの時間ってのはテンションが下がるんですよね。弦楽器のように弦ごとのピッチをきちんと安定させなければ演奏に支障が出てしまうのと違って、金管楽器はチューニングスライドをどれだけ抜こうが結局はツボに当たった安定した奏法でピッチがほとんどが決まるため、あまり関係ないのです。


そもそもチューニングは「合わせる作業」ではなく「基準ピッチはこれです!」と共有する時間です。


ですから、楽屋や前室などでチューナーなどを使い、まず個人で基準ピッチを確認をした上で、入場前、例えば舞台袖で全員でチューニングをしてみてはいかがでしょうか。なお、アンサンブルコンテストは規定に従ってください。



[アインザッツ(きっかけの合図)]

本番は緊張するものです。いつも通りやろうとしても、焦ってしまったり、段取りを忘れてしまうなどのアクシデントも想定できます。

その中でも多いミスが、勝手にアインザッツを始めてしまうパターンです。演奏開始のアインザッツを出す人が、他の奏者がまだ楽器を構えていない段階なのに「せーのー!」と曲を始めようとする状況です。セッティングにかかる時間は個人差があれど、必ずそれなりの時間が必要になりますから、前回の記事で解説した通りアインザッツを出す人は奏者全員の様子をまず見て、一方で各奏者は準備完了した時点でアインザッツを出す人へOKのアイコンタクトをしてください。それを受けて初めて演奏開始です。



[立奏/座奏]

吹奏楽ではありえませんが、管楽器のアンサンブルではテューバや大型楽器の人以外が立って演奏する場合もあります。これは特に決まりがあるわけではありません。ただ、例えばファンファーレ的要素が強い作品だったり、同属楽器での演奏の場合は立奏が多い印象があります。


座っているほうが安定するとか、立っている方が良いとかいろいろと意見があるようですが、人間の構造的は、楽器をコントロールする際の部分に限定して言えばほとんど差はありません。もし極端に違いを感じるのであれば、それはあなたが人間の体の作りに準じた姿勢で演奏していないからだと考えられます(ちなみに座奏時の違和感に関しては服のサイズやイスの高さなども関係してきます)。


この機会にぜひ体について、呼吸の仕組み、演奏に必要な様々な部分の働きに関しても研究してはいかがでしょうか。



[管内に溜まる水分の処理]

いわゆる「ツバ」の処理ですが、皆さんはいつもどうしていますか?床にぞうきんなどを敷いているのであれば良いですが、膝に置いたタオルを手に取ってウォーターキイを包むように処理している方は、この機会にそれを辞めませんか?


吹奏楽の場合、金管楽器はステージ奥にいるのでその方法でもあまり目立たないのですが、アンサンブルの場合は客席から丸見えです。


特に立奏の場合、いつも置いていた膝が使えずに仕方なく肩にかけて本番の舞台に上がっている方を見かけますが、ここは温泉でもフィットネスジムでもありませんから、大変に見栄えが悪いです。


そもそもこの方法で水分を処理をするのは時間もかかるし衛生面も良いとは言えないし、何よりもコルクを削ってしまう可能性があります(体験談)。


本番の舞台上では水分は床にそのまま出してしまって構いません。練習の場合は雑巾やそれに代わる何かを用意しておくか、練習後にモップなどでキレイにすればそれで良いでしょう。管内の水分は溜まってきてホツホツ鳴ってから出すのではなく、ホツホツならないようにこまめに出すことが大切で、それも勘違いしている方が結構多い気がします。


管内に溜まる水分の処理については過去に詳しく書きましたのでぜひそちらもご覧ください。

[ミュート]

立奏の場合に限りますが、ミュートを床に置くと拾い上げたり戻したりする時間がいつもよりかかります。


作品によっては頻繁に数種類のミュートを着け外しする場合もありますから、自分だけがスクワットを何度もして大変なだけでなく、お客さんから見てもその慌ただしさに音楽に集中できない可能性があります。


そうならないために何か対策が欲しいです。例えばミュートホルダーを譜面台に設置する、自分の横や前にイス、もしくは水平にできる譜面台などで簡易ミュートスタンドにしてみましょう。


その場合、硬いイスや譜面台だと置いた時にカンッ!と金属音を鳴らしてしまう可能性もあるので、緩衝材として楽器を拭くクロスのようなものを敷いておくと安心です。



[奏者同士の距離]

私は高校生の時、吹奏楽コンクール直前に外部指導者に「音をホール中に響き渡らせるためには、できるだけステージを目一杯使いなさい」と言われ、35人の編成でありながら大ホールのステージの端から端まで使って演奏したことがあります。奏者と奏者の間に2人は入れる距離感です。ありえないし、今となっては笑えます。

はっきり言ってこの指導者が言っているのは100%間違いであり、このような指導をしている外部指導者は知識がなさすぎです。


この発想は、どの場所にいてもスピーカーの音が聞こえるように設置するという音響設備の人の考え方です。


スピーカーは完成された音の集合体が流れてくるのに対して、管楽器は基本的に一度に音を1つしか出せません。だから数十名の異なる楽器がそれぞれ担当しているパートを同時に演奏した結果、ひとつの音楽が生まれるわけですから、いわば全員でひとつの大きな楽器と言えます。その管楽器がバラバラに配置されたらバラバラに発生した音が反響板やら壁面に跳ね返り、バラバラに客席に届くわけです。

これで良いアンサンブルが作られるわけがありません。


正しいのは、奏者同士をできる限り近い距離になるよう配置することです。これは吹奏楽でもアンサンブルでも同じです。皆さんは例えばプロの弦楽四重奏の演奏を見たことはありますか?譜面台がくっついてしまうくらい近づいている団体もあるくらいですが、そのほうが意思疎通は図りやすいですよね。


アンコンでもホールを広々と使っている金管アンサンブルを見かけることがありますが、できる限りお互いの演奏に支障が出ない程度の近い距離で演奏をするよう心がけてください。その方が絶対安定しますし、精神的にも安心です。


また、パートの並び方(並び順)に関してもプロ団体を参考にしたり、その作品を演奏する上で最も効果的な位置を考えてみましょう。「全国大会であの学校がこうやって並んでいた」ではなくて、もっと理にかなった考え方をしてください。

例えば金管5重奏にシャイト作曲の「戦いの組曲」という作品があります(原曲はとってもとっても古い時代の作品です)。これは1stトランペットと2ndトランペットが交互にメロディの受け答えをする作品なので、この作品を演奏するのにトランペットが横に2人並んでいては面白くありませんね。絶対に向かい合うべきです。

また、テューバがロータリーなのか縦型ピストン(ユーフォニアムのような構造のテューバ)によって構え方が変わりますから、結果として視界も変わるわけです。あなたが共演するアンサンブルのテューバ奏者と演奏中にコンタクトは取れていますか?



[演奏終了後]

演奏が終わってもいきなり立ち上がったり、逃げ帰ろうとでもするかのようにオモムロに挨拶をしないようにしましょう。音の響きがすべて消えるまでには時間がかかります。演奏の終わりは演奏者が音を出し終えた瞬間ではなく、残響が消えたときです。自分たちの音を最後まで聴き届けたら、奏者同士で目を合わせて立ち上がり、客席へ向かって「聴いてくださってありがとうございました」という感謝の気持ちを込めて笑顔で丁寧に挨拶をします。入場時の挨拶と同じですね。


そして退場するわけですがその時、コンサートであれば楽器だけ持って退出するのがスマートだと思います。楽譜やミュートやあれやこれやを両手いっぱいに持っているのはあまり見栄えが良いとは言えません。楽器も危険です。ただし、アンコンの場合は規定がありますからそれに従ってください。


退場時も柔らかな表情、笑顔でいてください。万が一演奏面でショックなことがあったとしてもそれをオモテに出してしまうようでは演奏者失格です。お客さんが不安になることがないよう心がけましょう。



以上です。文字にすると膨大な情報量ですが、どれも実は大したことは書いていません。演奏家のステージマナーと言うよりも、人間同士であれば当然ですよね、の範疇です。ということは、日常生活や人との接し方についてどのようにいつも考えているかがステージでも出てしまう、というわけです。マナーとはそういう存在です。


音楽はどんなものであれ、とにかくお客さんが楽しいと感じてもらうこと、会場に来てよかったと思ってもらえることが第一です。それは媚びた演奏をしろと言うのではなく、楽器の持つ魅力、演奏仲間のコミュニケーションの深さや奏者個人個人の魅力を十分に発揮し、奏者全員が「楽しい」と感じていることから生まれます。


それはコンサートでもコンテストでも同じです。音楽は音楽ですから、線引きなどありません。


ということで、4回に渡って解説しましたアンサンブルのお話、ぜひ一緒にアンサンブルをされるみなさんで読んでいただき、情報共有をして効率良い練習に励んでください。



それではまた次回です!





荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。