#044.足タップ

リズムが難しくて、つい足をパタパタしてしまったこと、ありますか?


もしかしたらいつもしている方もいらっしゃるかもしれません。


そして、足をパタパタしていると先生から注意された経験がある方も多いことでしょう。


この行為を私は「足タップ」と呼んでいますが、なぜ注意されるのでしょう。一生懸命楽譜を読もうとして、必死に間違えないようにしているのに!


結論から言いますと、いわゆるクラシカルな音楽、吹奏楽やオーケストラ、そして室内楽やソロなどで足タップをする行為は禁止です。


そこで今回はなぜ足タップをしてはいけないのか、その理由と、クセになってしまわないように心がたいポイントをお伝えします。



なぜ足タップは禁止なのか


大きくわけて4つの理由があります。


1.音楽は拍でとらえるものではないから

えっ!と思いましたか?だって先生はメトロノームのカチカチにぴったり合わないと怒るし、パート練習では先輩が隣で手拍子をしてそれに合わせているし。


私はそうした音楽教育に疑問を感じています。とにかく拍に合わさせる先生、多いですよね。幼い頃から音楽といえば手拍子さん!はい!拍に合わせて「ウン!ウン!ウン!ウン!」。


音楽を縦に刻む捉え方。これは楽譜に書かれている情報を機械的な正確さで表現しようとする行為であり、音楽ではありません。1拍という箱の中に正確な分量の音符を詰め込み、それが4つ並ぶと小節線が引かれる。拍子の理論を学んだり、楽譜の読み方を理解するだけならばそれでも構わないと思いますが、それが音楽を表現する演奏分野で前面に出してしまうのはよろしくないと考えます。


私の考えはまったく逆で、音楽の気持ちよく自然な「横の流れ(フレーズ)」が生まれると、そこに拍子やテンポが自然に生まれる(感じることができる)のだと考えています。

あくまでも「音楽」であること。その音楽を作り出している骨格のひとつが拍であること。捉え方の順序を間違えると、一向に「音楽」にならないのです。

正確で均一な機械的な拍の進行から一ミリたりとも外れてはいけないと(いうニュアンスで)音楽教育を受けてきた人ほど足タップする傾向にあるのではないか、と私は(勝手に)思っています。なぜなら音楽の流れを感じていたら足タップすることが邪魔な存在に思えるはずですから。



2.足は人間の中で最も鈍いところのひとつだから

吹奏楽でも使用することが多いドラムセット。たくさんのタイコやシンバルを同時に演奏しますが、この中で最も難しいのはどこだと思いますか?個人差はあると思いますが、足で演奏するバスドラムやハイハットでしょう。特にバスドラムは音楽の進行を明確に決定するために正確さを要求されるのですが、足は手に比べると反応が鈍く、正確に動きを連続させるのが難しいのです。

タップダンスがすごいと感じるのは「足なのにそこまでできるのか!」という関心を引いている点も大きいですね。


演奏中に足タップをしている人を見ていると、足の動きがだんだん曖昧になっていきます。その理由は2つあり、ひとつは単純に足タップの均一な運動を持続することができなくなることが挙げられるのですが、それ以上に問題視しているのは、自分の演奏に足タップを合わせている状態になってしまい、そうなるともう足タップを一体何のためにしているのか理由すら不明瞭になっている点です。拍のアタマが演奏のどこの部分か確認したいだけならば、テンポが揺らいでまで足タップをする必要などないはずです。

結局、どこをどう考えても足タップをする意味が見当たらないのです。



3.対外的な目的になっている

足タップをしているもうひとつの理由は「対外的なアピール」です。テンポを感じようとしていますよ、拍のアタマがどこだか理解して演奏していますよ、音楽をしているのですよ、と足の動きで主張しているのです。そのつもりがなかったとしても、無意識に足タップをしている可能性があります。


怒られないための保険、といったところでしょうか。このパターンの方は、多分ですがこれまでにとても(理不尽で)厳しい指導を受けてきたのだと思います。メトロノームのクリック音から演奏がずれたら名指しで怒られるとか。イヤですねそういうの。


もしそうした意識が少しでもあることに気づいたら、足タップに使っている対外的アピールの力を全部自分の中でテンポを生みだし、持続するための力に変換したほうが良い結果が出ます。



4.客観的なイメージですぐわかる

足タップをやらないよう指摘されるのは、それがとても気になるからです。想像してください。数十名の吹奏楽団全員が足タップをしている演奏を。客席からそれを見て、どう感じますか?きっともう演奏なんて耳に入ってきませんよね。




足タップをしないで演奏するためには


ともあれ、足タップをしてしまうのはほとんどの場合「クセ」。ついやってしまうわけです。クセを直すには理論的な角度から不要だと強く認識するとか、今のクセより良いものを手にいれて上書きするなどが効率的で、単純に「足タップ止めなきゃ」と思うだけでは楽譜を読むことに夢中になるとすぐ再発します。


では具体的にどうすれば足タップをしなくなるでしょうか。



1.一度に処理する情報量を減らす

初心者の方に多いのですが、楽譜にはテンポ、リズム、音の高低、アーティキュレーションなどたくさんの情報が書かれていて、それに加えて楽器のコントロールなど一度に処理する情報量が多いためについ足タップをしてしまう可能性があります。


それならば処理する情報を減らせばいいのです。例えば音の高さを変えずにすべて同じ音で演奏してみるとか、すべてスラーで演奏する、楽器をおろして手拍子をしながら口で歌ってみるなど。そうすることで頭の処理に余裕が生まれてきて、足タップをする必要がなくなります。


よく勘違いしてしまうのが、ただテンポを落として練習する方法ではあまり効果がありません。それは処理する情報量は変わらないからで、テンポが遅いなりの足タップをしてしまうでしょう。しかも遅くしすぎると、それが一体どんな曲だかわからなくなります。



2.心や頭の中に「歌」を持つ

結局のところ自分が演奏しようとする作品がどのような音楽かを予め理解していれば足タップなどする必要もないわけです。それがわからず、楽譜の情報だけを頼りにして機械的に再現せざるを得なくなり足タップが始まってしまうのです。


私は中学1年生で吹奏楽を始めた時には楽譜が読めませんでしたから、音源を何度も聴いて記憶する、という手段で楽譜を読んでいました。良くも悪くも楽譜に捉われないで演奏できていたので、足タップをする必要がありませんでした。



3.足タップをしている人を客観的に観察して「いやだな」と思う

例えばわざと足タップをしている演奏を撮影して、それを見てみましょう。可能であれば複数人で一斉に足タップした動画を見たほうが衝撃度が高いです。見ればそれがどんなにうっとうしいものかすぐわかります。



ということで、今回は足タップについて解説しました。音楽を音楽的に捉えて演奏しましょう!


それではまた次回です!




荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。