#045.日常生活の範囲でトランペットを演奏しよう

トランペットとスポーツ

レッスンをしていると、トランペットの演奏とスポーツをすることが同じカテゴリーと思っている人が多い気がします。


結論から言えばこれらはまったく違うフィールドにあります。スポーツは身体が発揮できる限界を求めているので、まったく経験のない人が100kgのバーベルをいきなり持ち上げることはできませんし、スケートリンクにデートで遊びに来た彼氏が、一度もやったことのない4回転サルコウを披露することは不可能です。

そうした人間の身体能力の限界と求めるところにスポーツの面白さがあるわけです。


一方でトランペットは、と言いますと僕はレッスンで「その辺を歩いている人に声をかけ、数分もあれば(ある程度健康な身体的条件が整っていれば)誰でも音を出すことができる」とよくお話しします。トランペットから音を出すために必要最低限の条件が日常生活の動きの範囲で十分だからです。

では具体例を2つ挙げてみましょう。


[呼吸]

呼吸に関しては至るところでこれまでにたくさんの話題が出てきています。中でも多いのは「呼吸法」などと言う仰々しい言葉を使うなど、まるで修行を重ねて体得せねばならない必殺拳法のようにしているとこが問題であり、そうやって商品化している指導者(音楽業界に限らず)がいるのが現実です。

呼吸は生命維持活動です。それを無視して呼吸は語れません。管楽器を演奏するための特殊な呼吸の方法など存在せず、生命維持活動に用いている呼吸を管楽器を演奏する際に拝借するだけなのです。


また、管楽器を演奏するための呼気の解説でよく使われる「ロウソクの火」ですが、誰の話を聞いても、どの本を読んでも「火を吹き消す」ことを前提としているのですが、私は「目の前にあるロウソクの火を消さない程度の空気圧」でトランペットから音が出せるバランスを持つべきだと考えています(もちろんこれは「トランペットから音を出す」という話であり、それで全ての表現が全うできるわけではありません)。

特に一日の最初に行うウォームアップの最初はそうあるべきだと考えています。目の前にあるロウソクの火が消えないレベルの空気圧とは、いわば「喋っている時」と同じです。日常生活の範囲内ですね。会話している時に腹筋を敢えて収縮させなければならないなどと考える人はいません。トランペットもそのレベルで十分音が出るのです。


[舌]

舌はタンギング、音色、音域変化などトランペットを演奏する上で重要な役割を持っています。しかし、だからと言ってクジラが海の中から飛び出してくるような暴れ方を口の中でしても当然良い結果に繋がるわけもありません。舌は筋肉そのものですから、過剰に力をかけたり、限界まで動かすその行為でガチガチに固まってしまい、使い物にならなくなります。


しかも舌はアゴや喉、表情筋や鎖骨などと関係が深いため、舌の過剰な力は呼吸を不自由にさせたり、音色やフィンガリングまでもを不利な方向へ持っていき、本来起こるはずのない筋力バテまでも誘発してしまいます。


ですから、舌に関しても日常の最も普通の状態(人間の舌が正しくリラックスした状態)で演奏し、求めていることを実現するために最低限動かしたり変形すると考えることが大切です。口の中はとても狭いですから、丁寧に繊細に動かさなければなりません。



大切なのは強い筋力ではありません

ここでは紹介しきれませんが、体の全ての部分において、スポーツで求められるような限界を突破するための筋力など、どこにも必要がありません。大切なことは、理想を実現するために必要な要素が何であるかを理解する理論的知識と、それらの分量バランスです。


もしトランペットの難しさをひとつ言うのであれば、これだと思います。


人間は何かできないことがあると「不足している」と考えがちです。重いものが持てなければ筋力が足りないと考えますし、テストの点数が低ければ学力が足りないと考える。それらは間違ってはいませんが、トランペットに関してはおよそ不足していることはほとんどなく、あれこれかき集めすぎた多すぎる要素とそれらの配分の強さや多さです。


中でも最も顕著なのが先ほど話題に出ました「腹筋」だと思います。世の中の管楽器奏者が腹筋腹筋と言いすぎるせいで、腹直筋を6つに割るためのトレーニングと混同し、無酸素トレーニング状態で楽器を演奏している人が非常に多いのです。喉で空気の流れを遮断するために、肺の中の空気が楽器まで到達せず思ったように音が出ないし、とても苦しいため「トランペットって苦しいね、体力いるんだね」とハアハアしながら感想を述べるわけですが、完全に間違ったループに陥っています。


最初から腹筋など意識して使わなければ生まれなかったこの間違ったループ、本来はバランスを整えさえすれば音は出せるのですが、体のどの部分が必要でそれぞれがどのような役割を持っているのか、理論がなければこれは解決しません。



理論優先にしない

かと言って、理論を最優先、最前面で考えてしまうのも問題です。理論というのはいわば地図のようなもの。地図だけを凝視していても知識は増えますがそれだけです。大切なのはまず目的地を定めること。何をするために楽器を吹こうとしているのか。要するに「音楽的」でなければ意味がないのです。


レッスンをしていて、今回のお話をした直後に演奏してもらうと、とても良い状態で演奏できる方もいらっしゃる一方で体を使わなすぎて音がまったく出なくなったり、本来出るはずのB音やF音ではないもっと低くぶら下がった不安定なペダルノートのような音が出る方も結構いらっしゃいます。後者は明らかに「これからトランペットで何を演奏するのか」というプランがない状態で音を出してしまっています。


トランペットのレッスンで体の使い方や考え方について解説している以上、それは絶対に「音楽」であることを忘れないでください。医学の受験勉強をしているわけではありません。ですから僕がいくら理論的なお話をしたからと言っても、その背景(頭の中)には必ず明確な「音楽の完成図」が描かれていることが前提です。


と、そんな話をよくしております。


今回はここまでですが、次回も関連した内容にしたいと考えておりますので、引き続きお付き合いください。

それではまた次回です!



荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。


[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。