#047.スポ根練習では上達しません

私が子どもの頃(よりもずっと以前から)、「スポ根」という言葉がありました。スポーツ根性の略で、当時のテレビ番組では、スポ根モノと呼ばれるドラマやアニメが流行っていたのです。「巨人の星」「アタックNo.1」「あしたのジョー」「スクールウォーズ」など。若い方でもタイトルくらいなら聞いたことがあるかもしれませんね。


「スポーツ」と「根性」を合成させた言葉の通り、苦しくても辛くても、厳しい言葉や暴力を受けても、それに負けず立ち向かうことで勝利を手にすることができる、という考えです。


日本人には元々こうした根性論思想が根付いているわけで、現代の、なんでもかんでもハラスメントと言ってしまう風潮になっても(この風潮もどうかと思いますが)、結局のところ根性論で物事を解決しようとする人、根性論に流れてしまう人、結局は根性論が好きな人が世代を問わず多いと感じます。


私は、と言えば、このスポ根精神が色濃く根付いた青春時代を過ごしてきたわけで、吹奏楽部では「バテてからが本番だ」とか本気で言われ、吹奏楽コンクール直前には真夏の体育館で朝から晩まで合奏し続け、音を外せば怒鳴られ、指揮者はキレて帰ろうとするわ先輩は意味もなく怖いわ、高校の時には集中力を鍛えるとか言ってエアコンのない音楽室の窓とカーテンを全部閉めてサウナ状態で何時間も合奏をするという、まあとにかく根拠ない全く意味不明な非効率的練習をさせられていたわけです。結局のところスポ根に走ってしまう理由は、正しい練習や効率的な方法を見出すための情報量が圧倒的に足りないこと(収集しないこと)、指導者の勉強不足により生まれた結果です。


そんな青春時代に身についた部分はあります。すぐ投げ出したり、だらしなく過ごせないなど、精神的には強くなりました。しかし、それを上回る弊害のほうが多すぎて、やはり肯定することはできません。



何度も吹き直すことはやめましょう

一体何の話をしているのだとお思いでしょう。


僕がレッスンをしていて多くの方に対し同じように気になること、というのがいくつかあります。そのひとつが「慌てて音を出そうとする方」、そして「何度も何度も間髪入れず吹き直す方」の多さ。


スポ根に話を戻しますが、その行為が結果へ繋がるかなど二の次で、辛さを強く感じる、負担がかかることを率先して行う発想こそがスポ根なので、規則性のある休憩が与えられません。できるまでやらされる。10回連続でクリアしたら休憩を与えられる。


それで思い出しました。小学生の時に入っていたサッカークラブは、「水など飲んだらバテて走れなくなる」と本気で言われて真夏の炎天下のグランドでお昼から夕方の練習が終わるまで水一滴も飲ませてもらえませんでした。どれだけ研究も勉強もせず知識が足りないままの人間が小学校の教員をやっていたのかがそれだけでもわかりますよね。よく死人が出なかったなと思います。


体育でも勉強でも、当時はこの発想がとても多かったと思います。「できるまでやる」というのは、反復練習をし続けて確率を上げていく方法です。何度も何度も繰り返していくうちに、何かの拍子に偶然成功したその喜びをもう一度と求め、とにかく何度も繰り返す。しかしなぜ成功したのかはわからないので、次の成功はいつになることやら。


時間と体力は大幅に消耗するのに対して、反復しているだけなので頭は全然使わない。やっかいなのが、人間はこうした状況で「自分頑張ってる感」を覚えてしまうのです。自己陶酔。


このお話はトランペットレッスンに通われている生徒さんが同じことをブログで書かれていたので、こちらにも紹介させていただきます。


ただ、「自分頑張ってる感」に浸りたくなるのは、ある意味仕方がないのかもしれません、未だにそうですが、アニメでは過酷な修行で精神と肉体をズタボロにして強くなっていくストーリーが定着してしまったので、自分もそうしたくなるのでしょう。もはや憧れの領域なのかもしれません。


そういうこともあり、レッスンをしていても夢中、いや、「無我夢中」になってしまうタイプの方がとても多いのです。レッスン中なのに、僕が口を挟む瞬間がないくらい何度も何度も繰り返してしまう。しかし、何度やっても同じことです。マウスピースが口から離れない状態で繰り返してもセッティングに原因がある場合がとても多いために、良い結果は絶対に生まれません。


レッスンでは、スポ根状態になってしまった時「1セッティングにつき、1回だけ吹きましょう」「丁寧にセッティングをして、大切に演奏しましょう」と伝えています。


もしもその1回が望んだ結果にならなくても、丁寧にセッティングをすることで「今どのようにセッティングし、音を出したのか」が理解できます。すると、そのセッティングの行為の中で、良い結果にならなかった原因というものが見つかりやすくなります。決定的な原因がわからなくても「では次はこのようにセッティングしてみよう」と新たな目標が見えてくるので、失敗もすべて糧となるのです。うまくいった時は「なぜうまくいったのだろうか」を思い返し、同じ状態を再現しやすくなります。


しかしそれが、勢いで何度も何度も「数打ちゃ当たる方式」になっていれば、失敗したら「ちくしょう!」、成功したら「やったー」しか感想が持てず、失敗した原因を追求することも、成功したバランスを再現することもできません。


練習と一口に言いますが、私はこのような時間を「研究と実験」と呼んでいます。なぜ?どうやったら?を様々な角度から考えて試してみる。実験は成功を導き出すために何度も失敗して正しい筋道を見つけていく行為。これをトランペットでも行うわけです。


そして「これだ!」という方法、バランスを見つけることができたら、何度も再現、実践できる安定性を求めて繰り返す。これが「練習」です。



ということで今回はここまでです。

それではまた次回です!




荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。