吹奏楽コンクール課題曲2020トランペットパート解説/課題曲3「僕らのインベンション/宮川彬良」本日更新

本日「吹奏楽コンクール課題曲2020トランペットパート解説/課題曲3「僕らのインベンション/宮川彬良」を公開しました!


こちらは僕のオフィシャルサイト内に掲載しております。過去の課題曲も含め、課題曲解説一覧ページはこちらです。2020年度の課題曲は現在1「トイズ・パレード」、2「龍潭譚」をすでに掲載しております。


課題曲を演奏されない方も、吹奏楽に関わりのない方にも共通して参考になる内容になっておりますので、ぜひ多くの方にご覧いただければ幸いです。


今回は作曲者からのコメントに音楽理論についていろいろ書かれていましたので、それらを読み解くための最も基本かつ重要な部分だけをピックアップして解説してみました。

これは、この課題曲を演奏するためだけでなく、音楽全般を理論的に知るためにもとても重要な内容です。ぜひこの作品を演奏する機会がない方、吹奏楽と関わりのない方も含めて一度ご覧頂ければ幸いです。



荻原明(おぎわらあきら)


「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。