吹奏楽コンクール課題曲2020トランペットパート解説/課題曲 V『吹奏楽のための「幻想曲」-アルノルト・シェーンベルク讃/尾方凜斗』本日更新

本日吹奏楽コンクール課題曲2020トランペットパート解説/課題曲V『吹奏楽のための「幻想曲」-アルノルト・シェーンベルク讃/尾方凜斗』を公開しました!

こちらは荻原明オフィシャルサイト内にて公開しております。過去の課題曲も含め、課題曲解説一覧ページはこちらです。今回で今年度すべての作品についての記事を公開しました。

今回の記事を書く前に、いくつかの地域から吹奏楽コンクール開催中止の発表があり、まだ具体的な発表はありませんが、全日本もこのままだと難しいのかな?と考えてしまうと、この課題曲解説を書く意味とは?と思ってしまったのですが、ここまで書いておいて最後の曲だけ書かないのはなんだか気持ち悪いので書きました。

この作品は副題に「シェーンベルク」とありますが、皆様ご存知ですか?シェーンベルクとは作曲家の名前です。

シェーンベルクと言えば、独特な作曲技法があるのですが、今回はそのお話です。

もはや完全に「トランペットパート解説」ではなくなった課題曲解説をぜひご覧ください。



荻原明(おぎわらあきら)

「ラッパの吹き方」ブログ著者の荻原明にトランペットレッスンを習ってみませんか?

理論的な側面をきちんと理解し、それを音楽的に発展させるバランスのとれた腑に落ちるレッスンを保証します。

大人になってから初めてトランペットを手にした方や学生から数十年のブランクがあって再開し、吹奏楽団に所属された方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ一度体験レッスンにいらしてください。

[吹奏楽部、一般団体のレッスン、講習会も随時受け付けております]

部活指導や一般団体へのレッスン、講習会も随時受け付けております。関係者のみなさま、ぜひ理論的かつ音楽的な意味のある練習を一緒にしませんか?

吹奏楽部や一般団体のご依頼は荻原明オフィシャルサイトからお願いいたします。

ラッパの吹き方:Re

ブログ「ラッパの吹き方」が10年目を迎えて新しくなりました! タイトルの「Re」は「Reconstruction(再構築)」とか「Rewrite(書き直し)」の意。 なので「ラッパの吹き方 ”リ”」と読んでください。